ほの暗く冷たい空気に惹き込まれて

書店で「北欧ミステリ」を見かけることが多くなってきて、ずっと気になっており、(自分的に)満を持して昨年末、読み始めました。初読みに選んだのは、アイスランド発「緑衣の女」(アーナルデュル・インドリダソン・著、柳沢 由実子・翻訳)。
北欧のざっくりした位置しかわからなかったので、まずはアイスランドを含む各国の位置を地図で確認してからの読書。読み始めると、「北欧ミステリ」が気になっていた理由の1つ、そこはかとなく暗くて冷たい空気が漂うイメージはその通りで、緊張感を持ってグイグイと引き込まれていきました。
物語は社会批判の要素を含む骨格の太さが根底にあり、つらく、厳しい現実がつづられていくので、明るく元気になる読後感とは真逆ですが、重厚で上質なドラマに浸ったという満足感がしっかり残ります。
「北欧ミステリ」と言われるジャンルの他の作品は、果たしてどうなのか、非常に楽しみ。今年は、このジャンルをできるだけ読破したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。