読書メモ「検察側の罪人」

風邪の治り際だったのもあり、週末は家でゆっくり小説を一気読み。雫井修介さんの「検察側の罪人」。キムタクとニノがダブル主演する映画の原作で、番宣番組を見て興味を持ちました。
ズバリ、面白かったです。
正義って、何なんでしょう。
そういえば前に読んだ「弧狼の血」でも、それぞれの立場にそれぞれの正義があるという点がテーマの1つでしたが、この作品は、より強烈にその1点を、最後にズドンと突きつけて、物語が終わります。
雫井修介さんの作品は他に、「犯人に告ぐ」を読んだことがあり、そちらも面白かった記憶があります。本作も、各キャラクターの描写にリアリティがあって、飽きさせる点が全くなく、やめられない止まらないとラストまで読み進めると、剛速球がパシッとキャッチャーミットにおさまるみたいに、「あなたはどう思いますか」という投げかけが胸に落ち、余韻が長く残る、という、非常に私好みのストーリーでした。
映画の方のレビューを見てみると、原作とやや違うところがあるようですね〜。
どうなんだろう。これ変えちゃって大丈夫なのかな? とやや懸念がありますが、とりあえず映画も見てみようかなと思っています。
それから雫井修介さんの作品。amazonを見ると、「火の粉」「虚貌」「望み」「犯人に告ぐ2」…などなど、どれも面白そう。
私は、小説、エッセイ、ビジネス本…なんでも乱読するので、積読があっという間にたまって、ほんとに追いつかない日々。そして! そこに占い関係の本もあれこれ気になるものがどんどん出てくるので、収集がつきません。
そんな中で、有無を言わせずそのドラマにぐっとひきこんでくれる小説は、いろいろなジャンルの読書の間に定期的におりはむと、気分転換になるし、そのあと勢いづいて、ほかの読書も捗ります。
雫井作品は、どれも一気読みで入り込めそうな予感。楽しみです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。