興奮の余韻に浸る

仁義なき戦いを見たこともなく、それ系を好んでチョイスするわけでもなく、ただたまたま書店で文庫本が平積みになっていたので手に取った「孤狼の血」。
これが終盤にかけて加速度的に面白くなって、読み終えた後、しばし興奮が冷めないエンターテインメント小説でした。予想を超えた展開、伏線の回収、こうして全体をまとめるなんて、作家の頭の中ってすごいなと、あらためて思いました。
「正義」って1つじゃなくて、それぞれの立場で、何を大事にするかで中身は違う。わかりやすく一般的に正しいと思われているのではないところにあるのが、本当の「正義」に感じられ、心を揺さぶられたりする。そういう瞬間って、読書においての至福のとき、ですよね。
果たして「正義」って何なんですかね…なんて、これまでもいろいろな物語で繰り返し使われてきた題材なのだろうけれど、「孤狼の血」にも興奮のエンターテインメントの底に、しっかりとそうしたテーマが1本通っていました。
役所広司、松坂桃李、江口洋介、真木よう子…などなどこれから公開される映画キャストの顔を浮かべながら読んだので、ますます臨場感がまして楽しめたのも事実。果たして、映画は原作にどこまで忠実なんだろうか。割愛される部分が出てくると、ここまでの興奮には届かないだろうな…と思ったり。とりあえずはまず、小説で読むのがおすすめ! と私は断言します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。