今日の学びは龍高星

今日明日で、2日間集中で、天海玉紀先生の算命学基礎講座です。

本日1日目、4時間半の講座ですが、全く眠くもならず、あっという間に終了しました。ほんと、好きなものを学ぶのは楽しいばかりで苦になりません。

中心星玉堂の私は、算命学を学びだして、はや5年強。意識をしないと、いつまでもいつまでも学んでるだけで満足みたいなところがあって、でもそれだけでいいの?とノリツッコミする星(禄存司禄)もあるので、今年は意識してアウトプットすることを、自分に課していこうと思っています。

で、本日の学び。まず陰陽があって、五行があって、バランスがあって、相生相剋の組み合わせでどんな料理をするかの陽占が出てきて…と、全て知っていることなんですが、それが、今日の講座できちんとあるべき引き出しに知識が整理されて入って行く爽快感がありました。

玉紀先生、ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

そして、タイトルに書いた龍高星。これが不思議で、参加者全員が自分でダイスを振って今日の講座はどうだったか、を読んだのですが、私が出したのが龍高星。これ、長年かけて学んできた知識を土台に、別の切り口でポイントを学び直す体験を通して理解が進む、と読めます。「その通り!」としか言いようのない結果。ほんっと、占いって面白いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。