スーパー強気モード

ごたぶんにもれず、毎週月曜日には、「しいたけ占い」をチェックしています。
「しいたけさん」は、ここ最近で、あっという間に知名度、人気をあげた占い師の筆頭ですよね。
占いにさほど関心のない人たちでも、「しいたけさん」のことは知っていて、会話に出てきたりするということはままあります。
VOGUEGIRLのサイトで、12星座の毎週の運勢、上半期、下半期の運勢を公開しているのに加え、書籍、MOOK、最近ではテレビにも顔出しNGで出たりしているので、認知度の高まりも、さもありなんです。

西洋占星術を多少なりとも学んだ、その知識をもとに、勉強もかねて読み込んでみても、今ひとつ、その知識の何をどう使ってあの表現になっているのかが、はっきりとはわかりません。
それでも、その文章には、「そうそう、そうなんだよね〜」と思わせる力があり、もう「しいたけ占い」という1つのジャンルとして受け止めて、分析することなく毎週楽しんでいます。

おそらく「しいたけ占い」の人気の理由は、①どこかに必ず「思い当たるフシがある」、つまり「あたっている」と思わせる部分がある、②読んでいる人の気持ちを暖かく包んでくれるような優しい目線、の2つにあるんじゃないかと私は思っています。

算命学もしかり、「占い」に吉凶はありません。持っているもの、巡ってくる運気を、どう捉えて活用するか、すべては自分次第です。
だとすれば、しいたけさんのように、(おそらく)読んだ人の気持ちが癒やされるのを願って表現された文章で、実際に前向きな気分で日常を捉えられるようになることは、占いの正しい使われ方だと言えますよね。

「占い」を勉強すればするほど、そのある意味での正確性に「すごい」「面白い」と思いつつ、はまっていくんですが、一方で、言い方が難しいですが「しょせん占いは占いだし」という捉え方もある意味で正しいと思えてくるし、そのバランスを踏み外したときの危なっかしさも見えてきます。

しいたけさんの牡牛座(私)の下半期占いによると、11月は、「スーパー強気モード」で行け! だそうです。景気よくパワー全開でいけそうなムードなのかもと、とりあえずちょっと気分をあげてくれるその言葉に、素直に背中を押されてみようかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。